hokkの日々

hokkgift.exblog.jp

ハチ蜜の森キャンドルと蜜ロウソク

ハチ蜜の森キャンドルは、1988年、山形県の朝日連峰の山麓に誕生した日本で初めての蜜ロウソク工房です。
この地方は、山形県内でも有数の豊かな自然に恵まれた土地です。(山形県出身の私が言うのですから間違いありません^_^) 
こちらのキャンドルは、その豊かな自然のもとで育ったミツバチの蜂蜜を収穫した時に残るミツバチの巣を原料として作られています。

蜜ロウソクの魅力は、何と言ってもオレンジ色の落ち着いた光です。特に今回のカヌレ型は、ロウが溶け進むにつれ、上部に王冠のような形ができてきて、オレンジ色の光に透かし出されるのが、なんともかわいいのです。
また、いやな匂いや油煙が出ず、燃焼時間が長いのも特長です。

めっきり寒くなってきた今日このごろ、柔らかな光でゆったりとあたたかい夜を楽しんでいただけたら嬉しいです。


[PR]
by hokk_gift | 2014-12-06 23:21 | 雑貨のこと